食の町Ipoh探索 Ipohで楽しむべきものをご紹介

本格的な暑さが到来している2017年3,4月のマレーシアの天気。

外で歩いていると汗だらだらですー。

 

さて、友人たちが遊びに来たので久々にIpoh(イポー)という町に行ってきました。

マレーシア第4の都市で、過去には錫鉱山の発掘でにぎわっていた町みたいですね。

 

今はすっかり変わって、退職者が移り住む町、のんびり暮らせる街として知られていま

す。

 

クアラルンプールから200キロほど、

高速で行くと2時間ほどで到着します。

ちなみに高速料金は25-30リンギほどかかりますねー。

 

今回の旅の目的は「食」のみです。

短い滞在期間だったので、かなり場所を絞って、テーマを絞っての旅行となりました。

 

夜のうちにIpohに到着し、朝から行動開始のパターンです。

なぜ夜からわざわざ移動したかというと、一番の理由は、

 

「朝食の點心を食べたいから!!!!!!」

 

です。まずは写真をご覧あれ!

f:id:Rawang:20170413142800j:plain

f:id:Rawang:20170413142814j:plain

f:id:Rawang:20170413142820j:plain

f:id:Rawang:20170413142810j:plain

f:id:Rawang:20170413142837j:plain

 

ここはIpohの現地の友達が連れて行ってくれた、

現地の人が多くいく、いわゆるローカルショップ。

外国人観光客は少ない場所で、現地雰囲気を十分に楽しみながら食べることができます。

 

オーダーの仕方はとっても簡単、

 

カウンターに行き自分の食べたいものを指さす

蒸しあがった・揚げあがった、點心を渡されるとともにカードに個数を記入してくれる

自分のテーブルに持って行って食べる

 

というステップを踏むだけ。

お会計の時に、カードをもってレジに並んで支払いを済ませるだけ。

ツアーで行かなくても十分楽しむことができます。

 

車で行く場合駐車場に入れたほうがいいです。

路上駐車の場合、Ipohが属しているペラ州の発行するクーポンを購入する必要がありますし、結構な頻度で取り締まりが行われています。

 

住所は

Db12 Jalan Dato Tahwil Azhar, 30300 Ipoh.

地図は

f:id:Rawang:20170413144004p:plain