マレーシアで車の部品交換 ヘッドライトは明るいのが一番 でも注意点も

最近近所に大きなホームセンターができて、

見てるだけで楽しくなっています。

Rawangです。

 

 

今日の昼12時過ぎの気温は34度超え。暑い!

と言いながらもちょっと田舎のほうに出かけたのですが、

行く途中の道は超グネグネであるだけでなく

穴ぼこ、さらには昼間だからよかったものの街灯がない道でした。

 

そんな道を多くの人が行き来しているのですから当然事故率も高いわけですよね。

 

下道だけではなく、高速道路でも一部真っ暗なとこがあるマレーシアの交通事情。

ヘッドライトの点検やバルブの明るさも考えるところとなります。

とくに雨が降りだしたら前も見えないような大雨になるので注意が必要です。

 

 

というわけで、今日は車のヘッドライトについて調査。

今日行ったローカルのホームセンターでは8RM前後(240円)前後で

普通のH4タイプのハロゲンバルブが売っていました。

ただ、ケルビン数が明示されていなかったので、

見た感じ「普通の色」もしくは「白」「青」といった感じですね。

 

マレーシアでは一応道路交通法で、

オリジナルで付いている以外には「白色」のヘッドライトは禁止。

となっているようです。

 

実際6000Kの青白い光は眩しいですが、

光の強さや届く距離が悪く、雨の日はさらに視界が悪いようです。

かっこはいいんですけどね

 

 

というわけで調べてみる条件として

・3000K(ケルビン)が普通のライトと同じ色調であること

・その中で一番光の強そうなものを選び、

・さらに価格が安いもの

・日本製を検索。同時に中国製などは間違うと、光軸が右ハンドル用に設定されている ものがあるので(マレーシアは日本と同じ左ハンドル左通行)

・送料と合算した金額で比較

 

検索は「楽天」「価格.com」「アマゾン」「カーショップの通販サイト」などで比較。

 

結果から言いますと今回は

「カーメイトGIGA BD434 クリアパワー3300K H4 60/55W | ハロゲンバルブ 色温度:3300K 明るさ:2300/1700lm」という日本製の商品で

 

送料込みの「アマゾン」が一番お安く購入できます。

www.amazon.co.jp

 

今回選んだポイントは

間違いなしの日本製であること、

してこだわりぬいた明るさで、明るさ感:130/120Wクラスであること

そして送料込で2400円代であることです。

 

今回一番苦労したのは「送料」で

2004円で売っている店もあったのですがなんと送料が「850円」

商品代金の3分の1以上だろー!という魂の叫びです。

 

 

 

余談ですが、調べている中で気になった商品もありました。

IPF社の「32X24 CLEAR 3200K BULB TYPE : H4 消費電力 : HID 12v 60/80w 明るさ(当社比) : 140/180wクラス 色温度 : 3200k JAN : 4951499 016538 価格 : ¥6,400」です。

これは物理的にバルブの太さが太く

さらにロービームに特化しているもので確実に明るいみたいです。

値段は張りますが、検討するに値する商品ですね。

「長時間停車中はライトを消してください」との注意書きがあるほどなので

発熱もするかもしれませんが、明るさ保証といったところでしょうか。

 

楽天で検索すると少し安くなっていました。

 

 

こちらも信頼の日本製。

結構いい感じだと思います。

 

安全のために予備で持っておくのもいいかもしれませんねー。