東南アジア不思議果物 ナンカン?CEMPEDAK?

こんばんは、Rawangです。

今日は東南アジアの日本ではほぼ知られていない果物を紹介!

ご存知のように、トロピカーナカントリーでは、

ドリアン、マンゴスチン、マンゴー、パパイヤ、ランブータン、スターフルーツ、

などなどたくさんの果物が家の庭先で収穫できます。

 

日本の生活からするとどれも贅沢な食べ物ですが、

熱帯の国では普通のことなんですねー。

 

そのかなでも不思議なフルーツである「CEMPEDAK」これはマレー語読み。

広東語ではナンカンというらしいです。
まずは写真をどうぞ!

f:id:Rawang:20180423224601j:plain

f:id:Rawang:20180423224605j:plain

f:id:Rawang:20180423224609j:plain

ね?

 

不思議ですよねー?

一つの実からこんなにも収穫が、

それも値段は300円弱から。

 

さらに不思議なのはこのフルーツは幹から果実が生えるタイプで、

地面から1メートルくらいのところに実を付けます。

やっぱり不思議。

 

味は、独特ですが柿の味をめちゃくちゃ濃くした感じ?

人によって表現は異なるかもしれませんが。

 

東南アジアに行くことがあったらぜひ試してみてください!!