パソコンHDD交換作業記録 DELL 1749 MQ01ABD050 [500GB 9.5mm]へ交換

マレーシアは所得に対する自動車の価格が世界で二番目に高いそうです。

こんにちはRawangです。

 

 

気づけば長く海外に住んでいて、

短期滞在ではわかりえなかったことが最近になってわかってきました。

 

わかってきたというよりも、

「必要になってきた」というのが正解かもしれません。

 

たとえば家の修繕や物品の交換、家電や車の買い替えなどです。

はじめてきたころは何が何だか分からず、

人に言われるまま、もしくは見つけたものを買ってしまいましたが、

今になてって、どうやって買えばいいのかも少しわかってきました。

 

買い物をする前によくリサーチするタイプなので、

情報をシェアできたらと思います。

 

 

 

 

今回はパソコンのハードディスク。

自分で言うのもなんですが、結構物持ちのいいタイプのRawang。

「いいものを長く使えるように」がモットーですが、

消耗品に関しては、結構妥協します(笑)

 

現在のパソコンDELL1749を使って早4年。

そろそろハードディスクがからからと音を立て出しました。

完全に死亡する前に、交換する準備をしておきたいと思います。

 

 

今回比較条件に上がったのは

・HDDかSSD

・値段の比較

・容量

です。

 

まずSSD化ですが、

最近のパソコンはSSDと呼ばれている記憶媒体を使用しています。

メリットは読み取りが高速化できることで、立ち上がりや検索などが速くなります。

iPadやスマホなどもこのタイプが主流です。

上位機種のパソコンなどもSSDが採用されるものが多くなってきました。

 

となると興味もわいてきます。

ネットで検索してみると、SSD化するのは難しくなく、

1、新しいSSDドライブを購入し

2、フリーソフトを使ってデータをコピーしクローンを作る

3、コピーしたSSDと古いHDDを交換する

と簡単に言うとこの手順でできるようです。

 

 

次に価格と容量の比較

SSDとHDDを比較

現在の使用量は100GBちょっとなので少なくとも200GB以上はほしい

SSDは256GBは相場は1万円前後

 

 

 

HDDは[500GB 9.5mm]が5020円

 

 

 

速さを取るべきか、安さを取るべきか?

 

と迷った挙句、今回は安さを選択

理由は、まず500ギガが5000円なんてやっぱり安すぎる。

それと新しいHDDにすれば速さも向上するはずだ!

もちろんSSDにはかなわないけど。

 

というわけで今回はHDDに軍配。

DELLの1749シリーズは、2つ目のハードディスクを追加で内蔵できる構造になっているので、古いハードディスクはセカンダリードライブとして活用することにします!!