海外生活移動に欠かせないのは格安航空会社 Airasia エアアジア

おはぎでもこしあん派のRawangです。

 

最近は昔に比べ海外旅行がしやすくなったとは言いますが、

実は日本の若者は海外旅行への興味があまりないという統計も出ているようです。

 

海外は言葉が不便だったりするので、

不便の乗り切って楽しもうとする元気がある若者が減っているということでしょうか?

 

 

さて、東南アジアの旅行に欠かせないのは格安航空会社。

日本でもなじみが出てきたころでしょうか。

 

ピーチ、バニラエアー、ジェットスター、エアアジア、スターフライヤー、スカイマークなどの会社が毎日飛んでいるので、空港で見かける機会が増えてきたせいでしょうね。

今日ご紹介するのはその中でも格安航空会社LCTの草分け的存在の「エアアジア」

 

サービスは最小限、安くするためにすべてを切り捨てている感じの会社ですが、

実は開始当初から比べるとサービスや、接客がよくなってきている実感があります。

日本で開始された時には、まじめな日本人がサービスをしないというコンセプトに従いすぎたせいか、かなりの不満が出ていましたねー。

 

今は結構優しいCAさんが増えてきましたね。

みんな化粧濃いですけどねー。エキゾチックな魅力が満載です。

日本人の乗務員さんも同じく濃い化粧になっているので、化粧品が会社から支給されているのではないかと思うぐらいです。

キレイですけどねー。

 

 

もちろんエアアジアなどの格安航空会社を使用する前には、

注意点がいくつかありますのでそれに従うのがよろしいかと。

・便の変更は新規で買うより高くつくことがある

・荷物は基本的には自分で棚に上げること

・冷房が効きすぎている場合があるので毛布を持参すべし

・遅延することがあっても文句は言えない

・機内食が売り切れている場合もあり

・掃除が間に合っていない場合があるので座る前にチェックすべし

・クアラルンプールの飛行場は飛行機に乗るまでにかなりの距離を歩くことを覚悟

 

などが経験上気をつけている部分ですね。

 

慣れてしまえば日本とマレーシアを片道1万円前後で旅行できることを考えたら、

かなり嬉しい金額で旅ができますよね。

もし、しみったれたのが嫌であれば片道3万円も出せばプレミアムクラスに乗ることもできます。

大手航空会社のエコノミーの値段でプレミアムクラスに乗ることができるのも魅力ですねー。

要は使い方次第!

 

「少年よ大志を抱け」

 

外国から見る日本はまた景色が違って見えます。

いいところ悪いところが見えてきますので、人生のこれからに役に立つように思えます。

 

www.airasia.com