海外でパスポートを更新した後は古いパスポートを持参すべし

こんにちはRawangです。

 

2019年の日本の冬はとーってもさむいみたいですね。北海道ではマイナス30度を観測した地点がいくつかあったとか。

すでにシベリア並みの寒さ、ブルッ!

 

さて常夏の東南アジアで暮らしているわけですが、

前回パスポートの更新をして、入国時のスタンプを新しいパスポートに転記してもらったことろまでお伝えしました。

 

新しくなったパスポートをもって意気揚々とシンガポールに行ってきました!

 

が、、、

今回の旅はトラブルだらけになりました。いずれもパスポートに関係することなので、参考と、記憶のために記事にします。

 

マレーシアから陸路でシンガポールにわたることにしたのですが、

なんと出国するときに呼び止められてしまいました。

古いパスポートはどこにあるのか?と聞かれました。

あれだけ苦労して転記してもらったので、安心して新しいパスポートだけをもっていったのですが、マレーシアや、シンガポールでは古いパスポートも持つのが「常識」らしいです。

じゃあ何のための、転記なのか・・・・。

 

ともかく、古いパスポートの番号を聞かれたので、記憶していた番号を告げると、

コンピューターで照会してくれて、新パスポートに旧パスポートの番号を手書きされました。

日本では絶対しないことですが、この辺では普通のことのようです。

 

さて、無事に出国したのちシンガポールに入国。

しかし、ここでも古いパスポートはどこかと聞かれ、「ない」と告げると、事務所へ連れていかれました。

なんなんだよー。

係の人からいくつか質問され、滞在先はどこか?何の目的で入国するのか?などなど、入国カードに書いてあることを聞かれ、その後開放。

 

CNYの前だったので警備が厳しくなっていたのか?

何はともかく、古いパスポートを持たないだけでこんなに苦労することになるとは思いませんでした。

 

あまり海外でパスポートを更新することはないかもしれませんが、

その時はお気をつけあれ。

 

 

マレーシア日本語大使館でパスポート更新後、移民局に行って入国スタンプを転記してもらう

こんにちはRawangです。

晴れてパスポートの更新ができたので、移民局(イミグレーション)に行って、

入国した際のスタンプを新しいパスポートに転記してもらってきました。

 

文字で書くとこんなに簡単なことなのに、ほぼ丸2日を要する大仕事になりました。

 

大使館でパスポートを受け取った後、移民局に行ってスタンプを転載してもらう必要があるということで、場所を調べたところ、一番近いのがPutrajayaというところにある移民局本部。。。

 

グーグルマップで検索したところ、距離で35キロ、車で35分。

KL市内にオフィスはないんかい!

と軽い突っ込みを入れつつ、しょうがないので向かうことに。

ここから始まる苦悩の2日間を箇条書き方式で実況します。

 

1日目:

大使館から車で移動し、着くと3階の3番カウンターで書類をもらうように指示される。

午後1時過ぎに到着したので、休憩が明ける2時まではカウンターの人はいない。

ひたすら待つ。

午後二時過ぎ、ようやく担当の人現れる

説明すると、書類と一枚渡され書くように指示される。

添付書類として、新旧両方の顔写真ページのコピー、最後に入国した日付が乗っているページのコピーを提出するように求められる

「明日午前7時半に来るように」

明日?なんで?

今日分の受け継はすでに終了したから。

明日も50枚分しか番号出さないので早く来るように

もらえなかったら明後日また並びなおすように

は?

そのあとは取り合ってもらえなかったので、あきらめて1時間かけて帰宅。

 

2日目:

みんな朝早くから並ぶんだろうし、渋滞に巻き込まれると時間に間に合わないとおもい、6時前に出発。踏み込むアクセルにも力が入る

7時ちょっと前到着

3階に行くとすでにたくさんの人。。。。

果たしてチケットはもらえるのか?

f:id:Rawang:20190116000640j:plain

7時前でこの状況、この人たちはいったい何時からいるのか?

立って待つこと35分

ようやく担当の人登場

さらに順番を待つ

ようやく番号札をゲット、28番目。

もうちょっと遅かったら危なかった。

待合室に行き、番号が呼ばれるのを待つ。

30分ほど待ってようやく呼ばれる。

無事に受付終了。

この時点で午前8時半ぐらい

その後、同じ番号で呼び出されるのを14番カウンターで待つ。

待つ

待つ

待つ

ようやく番号が呼ばれる

時間はなんと12:45分

4時間待ち

全工程で6時間

スタンプを転記してもらうだけ

 

教訓:

スマホのモバイルバッテリーを持っていくべし

イヤホンを忘れるべからず

エアコンが激寒いので、暖かい格好でいくべし

朝は死ぬ気で早くいくべし

 

2018年10月から予約サイトが発動したらしい。

PowerQというアプリ。

1週間後まで午前8時から1時間単位で午後3時まで予約できるシステムだ。

 

しかし!

いつ見ても全部「FULL」で予約できる気配がない。

1週間後までの予定はすべて埋まっている。

緊急時には朝に並ぶしかない。

 

参考まで

 

 

 

 

マレーシア日本語大使館 駐車場情報 パーキングがない!?2019年1月10日現在

こんにちはRawangです。

 

マレーシアの日本語大使館に用事があり、行ってまいりました。

今回は車で一人で行くこととなってしまったため、駐車場を事前に探していきました。

なぜなら、大使館には一般の駐車場がないため。

 

インターネットで検索してみたとこと、50メートルのところにduoという建物があり、

そこに泊められるとか、8RMという具体的な数字にも期待していってみたところ、

duoというのはコンドミニアムで駐車場がない。と、セキュリティーに冷たくあしらわれました。

無残にもこんな姿に変わり果ててしまっていたようです。

f:id:Rawang:20190110203701j:plain

 

 

途方にくれましたが、何とか駐車場を探さねばと思い、
ちょっと粘って聞いてみると、心優しきガードマンが「まっすぐ行って左に曲がれば駐車場がある」と教えてくれました。

とってもアバウトな説明だったため(笑)恐る恐る進んでみたところ、見つけたので詳細を報告しますね。

 

まずはグーグルマップで位置情報から。

 

ここになります。残念ながらグーグルストリートビューでは現在のところ空き地としてしか映っていませんが、本物はこんな感じです。

 

f:id:Rawang:20190110192201j:plain

 

一応オートゲートで管理されているので、セキュリティー的にもちょっとは安全そうです。

価格は以下の通り。

f:id:Rawang:20190110192327j:plain

 

値段も良心的です。

ただ、個々の空き地が買収されて建物になることはありうるので、
いつまで続くのかは未定です。

参考程度にどうぞ。

 

道順:

Jalan Tun Razak上で大使館を左に見て直進します。

左車線にいてくださいね。

 

するとこの看板が出てくるので左折。

f:id:Rawang:20190110202943j:plain

 

2019年1月現在工事中なのでこんな感じの道を進みます。

分岐を左に進みます。

道路上にコーンが置いてあったらお兄さんに、パーキングといえば通してくれます。

 

f:id:Rawang:20190110202947j:plain

f:id:Rawang:20190110202955j:plain

到着。

 

オートゲートでチケットを取って、帰りに払うシステムです。

大使館までは徒歩で5分弱ですが、暑いので日傘などをお忘れなく。

 

 

HONDA フィット DG1 助手席側ドアアクチュエーター交換 記録簿

なんと20万キロに達した初期型FITのGD1.

大きな故障もなく今までやってこれたのはメンテのおかげか、

それとも車がすごいのか。

 

調べてみると40万キロまで問題なく乗れたツワモノもいるらしく、

まだまだ現役で頑張ってもらいます。

 

さて、この度交換した部品は助手席側ドアのアクチュエーター。

今の車にはたいていオートロックがついていますし、マレーシアでは必須のアイテムのため、日本よりもドアロックに負担がかかります。

でも、10年20万キロまで壊れなかったのはすごいこと。それも今のところ助手席ドアだけです。

 

日本車すごい、HONDA△

さて、現地で調達しようと思ったのですがスペアパーツ屋さんには現地モデルのJAZZに搭載されているタイプしかなく、形状が微妙に違うため探すことができませんでした。

なので日本から調達することになりました。

中古の部品で4000円ほど、走行距離は10万キロ前後(だったとおもう)のものだったのでしばらく使えそうです。

工賃は知り合いのおじさんの修理工場でなんと10RM。

ばっちり動くようになり、防犯の面からしても安心です。

アクチュエーターが壊れるとオートロックができないので、鍵の閉め忘れにつながり危険!マレーシアでは特に危険。

 

なので早めに直すことができてよかったです。

 

後で気づいたのですがMudah.comなどで日本から輸入したパーツも売っていて、

ドアや、バンパー単体でも売りに出ているのでそれを買ってもよかったかなと考えました。が、それほど費用もかからず直ったのでよしとしましょう!

 

 

 

 

KLIA2からRawangまでの移動手段まとめ

マレーシアのKLIA2国際空港から田舎町Rawang(ラワン)までの移動手段をまとめてみます。

 

移動手段1:今はグラブもあるので便利になりましたよねー。

グラブでクアラルンプールの町までの移動は65リンギから75リンギが相場。
もちろん時間帯によって変化するシステムなので、あくまで目安ですが。
現在のところ、空港でも乗車できるようです。
将来的にちゃんと規則が施行されるとダメになる可能性もありますが。。。

KLIA2からRawangまでは大体150リンギ前後が相場のようです。

 



移動手段2:元祖、移動手段タクシーもあります。

空港にあるタクシーカウンターで手配してもらえます。

費用は150RM から200RMぐらいです。

 

 

 

移動手段3:格安移動でバス、電車を駆使する

まずはバスですが、到着ロビーの階層から一つ下に行くとバスチケット売り場があります。ちなみに、タクシーの手配や、レンタカー申込なども同じ階層にカウンターがあります。

 

空港からKL Sentralという駅までのバスチケットを買います。

費用は12RMです。

チケットに記されているバス乗り場に行きバスが来るのを待ち、

大きな荷物がある場合、自分で荷台に乗せ、そのあと入り口にいる乗務員にチケットを見せ乗り込みます。席は自由席が一般的です。

所要時間は渋滞がなければ1時間と少しで到着します。

 

バスの到着場所は駅の地下なので、とても混雑したところですが、

エレベーターかエスカレーターを使って地上階に出ます。

 

そうすると、大きな駅がありますのでKTMという看板を探します。

クアラルンプールではKTMとMRTという通勤用の電車が走っていますが、

ここではKTMを選択。
ラワンは北側の最終駅、実際線路はイポー方向まで伸びていますがコミューター列車はここで折り返しとなります。


チケットカウンターでRawang駅行きのチケットを購入、費用は5.2RM。

プラットフォームに降りていくエスカレータに乗って下ると乗り場です。

Rawang行き、もしくはタンジュンマリム行の電車に乗ればOK.

電車の真ん中あたりは女性専用車両となっているので注意です。イラストで分かりやすく書いてあるので心配ないでしょう。

そこから40分ほど電車に揺られるとRawang駅に到着です。

駅の周りはインド人街なのでぷらっと歩いてカレーショップに入るのも楽しいです。

 

時間とともに規則やダイヤが変更になることがあるので、
実際に利用するときには自己責任&公式HPで確認してください。

 

 

東南アジア不思議果物 ナンカン?CEMPEDAK?

こんばんは、Rawangです。

今日は東南アジアの日本ではほぼ知られていない果物を紹介!

ご存知のように、トロピカーナカントリーでは、

ドリアン、マンゴスチン、マンゴー、パパイヤ、ランブータン、スターフルーツ、

などなどたくさんの果物が家の庭先で収穫できます。

 

日本の生活からするとどれも贅沢な食べ物ですが、

熱帯の国では普通のことなんですねー。

 

そのかなでも不思議なフルーツである「CEMPEDAK」これはマレー語読み。

広東語ではナンカンというらしいです。
まずは写真をどうぞ!

f:id:Rawang:20180423224601j:plain

f:id:Rawang:20180423224605j:plain

f:id:Rawang:20180423224609j:plain

ね?

 

不思議ですよねー?

一つの実からこんなにも収穫が、

それも値段は300円弱から。

 

さらに不思議なのはこのフルーツは幹から果実が生えるタイプで、

地面から1メートルくらいのところに実を付けます。

やっぱり不思議。

 

味は、独特ですが柿の味をめちゃくちゃ濃くした感じ?

人によって表現は異なるかもしれませんが。

 

東南アジアに行くことがあったらぜひ試してみてください!!

 

 

KPスターレット バリバリ現役

トヨタが1978~1984年まで発売していたスターレット2代目、通称KPスターレット。

 

日本では町中で見かけることはレアですが、

海外では現役です。エアコンの効きもバッチリ。
f:id:Rawang:20180420124138j:image



f:id:Rawang:20180420124214j:image